エステ求人について知っておきたいこと

エステ関係の求人については、エステサロンやリラグぜーションサロンからの求人があります。

まず仕事をするための資格や資質についてです。エステティシャンになるために特別必須な資格というものは存在しません(但し、扱うメニューがヘッドスパやヘッドマッサージの場合には、お店によっては美容師の免許が必要になる場合があります)。資格や学歴といったものよりも、求人先は経験を重視する場合が多いようです。見習いやアシスタントの募集以外であれば、ほとんどの求人先でキャリア採用・中途採用となるわけですから経験者が優遇されるのは当然と言えます。その他求められるものとして顕著なのは、コミュニケーション能力や営業力、社交性や性格の明るさ、面倒見の良さだったりします。

エステサロンは美容室同様、リピートが経営上のカギになります。昨今は、過度にお客さんに干渉する接客は嫌われる傾向にありますが、それでも最低限の接客力・営業力は必要です。いってみれば、お客さんにリピートを決断させるようなさりげなさだったり、嫌味のなさなどが必要となります。エステには、フェイシャル、痩身、ボディ、リラグぜーション、ブライダル、ヘッドマッサージ、リフレクソロジー、脱毛など多くのメニューがあります。

お店によって、扱うメニューやメニュー範囲に違いがあるだけでなく、機械使用中心のお店だったり、あるいはハンドテクニックメインだったり、そのお店独自の最先端技術を取り入れていたり、あるいは主旨がアンチエイジングだったりと千差万別です。面接の前にそのことを入念にチェックしておく必要があるのは勿論ですが、対応可能なメニューが多いというのはやはり有利であり、だからこそ一定年数の経験が重視されます。給与については、リピート率や頑張りに応じて基本給以外のインセンティブを用意しているお店が増えているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *